2011年6月28日 (火)

映画「あぜみちジャンピンッ!」上映会申込み受付中!

映画「あぜみちジャンピンッ!」上映会申込み受付中!

Top_01_6

「聴こえない」ハンデを持つ少女、ダンスを通して生まれた絆

耳が聞こえない少女がストリートダンスに挑戦するという物語が723日(土)よりポレポレ東中野より公開が決定しました。

 障害者の映画というと、なんとなく耳の聞こえない事に重点を置いて、そこに同情をかうようなイメージがあったのですが(すみません。)

この作品は、主人公の中学生の少女を、どこにでもいる普通の少女として描かれています。耳の聞こえない世界と、聞こえる世界。それぞれ「違う文化」としてとら

え、その違う文化や価値観の中で「ダンス大会」という共通の目標から、少女達のドラマが始まります。

 

泣いたり、笑ったり、ケンカしたり、時に葛藤があったり、思春期をひたむきに生きる彼女達の姿、ラストを飾るダンスには、思わず拍手を贈りたくなります。

 

ポレポレ東中野では、850の回は「スーパーモーニングショー」につき900円で観られます。真夏の太陽が似合う映画なので是非、ラジオ体操の後、劇場へおいでください。

011

※お得な前売鑑賞券 1,000円 発売中

※「あぜみちジャンピン」公式サイトhttp://www.aze-michi.com/

※ポレポレ東中野サイト http://www.mmjp.or.jp/pole2/

 タイムテーブル

8:50(※)/10:40/12:30

2010年11月16日 (火)

しかしそれだけでない。加藤周一幽霊と語る 上映会スケジュール

12月12日(日)

兵庫県 会場 兵庫県保険医協会

     上映時間 14:00

     問合せ先 兵庫県映画センター ℡078-331-6100

1月8日 (土)

長崎県 会場 アルカスSASEBOイベントホール

     上映時間 1回目15:00 2回目18:30

     問合せ先 長崎県映画センター ℡095-824-2974

2010年9月10日 (金)

日本芸術文化振興基金助成金事業 『アンを探して』上映会&宮平監督トーク!

日本芸術文化振興基金助成事業にみごと当選しヽ(´▽`)/

「アンを探して」上映会 &宮平貴子監督のトークを10ヶ所開催します。

詳細は以下の通りです。残りの上映会も確定次第更新します。

●和歌山県 会場 和歌山市民会館 http://www.qualia.ne.jp/civic-hall/

          開演時間 9/10 1300 1800 

         連絡先 和歌山映画センター 073-433-0444

茨城 会場  茨城県民センター http://www.ibarakiken-bunkacenter.com/index.htm

          開演時間  9/11 14:30 19:00

          連絡先  茨城映画センター 029-226-3156

●新潟 会場  高田世界館     http://www.baba-law.jp/sekaikan/

        開演時間 9/12 11:00 14:00 18:00          

        連絡先 新潟映研 025-283-9449

● 奈良 会場 やまと郡山ホールhttp://www.ykjohall.jp/

      開演時間 9/17 14:40 

      連絡先 奈良県映画センター 0742-23-1147

● 京都 会場 綾部市中央公民館

      開演時間 9/18 14:00

● 京都 会場 美山農業振興総合センター

      開演時間 9/19 14:00

      連絡先 京都映画センター 075-256-1707

●愛知 会場 竜見丘会館http://home1.catvmics.ne.jp/~kaikan/tatumi/index_tatumi.html

      開演時間 9/20 13:30 

      連絡先 岐阜教育映画センター 058-215-9671

     

2010年7月14日 (水)

しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る 追加 自主上映日程!

9月19日(日)

長崎県 長崎市民会館文化ホール 

問合せ 長崎県映画センター 095-824-2974

2010年7月 8日 (木)

しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る 追加 自主上映日程!

9月19日(日)

滋賀県 ひこね燦ぱれす (彦根市小泉町)

問合せ 滋賀県映画センター 077-526-8091

2010年7月 1日 (木)

「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」特別上映会 追加 自主上映日程!IN東京

7月30日(金)

立川市女性総合センター・アイムホール

①10:30 ②12:40 ③2:50

お問い合わせ 独立映画センター 03-5827-2641

8月21日(土)

八王子市芸術文化会館いちょうホール(小ホール)

①10:30 ②12:40 ③2:50

問合せ 独立映画センター 03-5827-2641

連日 料金1000円 (全席自由)

2010年4月21日 (水)

しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る 追加 自主上映日程!

★5月30 兵庫県立美術館

お問い合わせ 兵庫県映画センター 078-331-6100

★6月13日 綾部市 中央公民館 ①10:30②13:30

お問い合わせ 京都映画センター 075-256-1707

★7月27日 会場 未定

お問い合わせ 大阪映画センター  06-6719-2233

2010年4月 5日 (月)

映画センターの連絡先

映画センターは全国各地にあります。このところ問い合わせが増えているので、ブログにて紹介させていただきます。(近いうちにちゃんとしたHPを作成予定なのですが、まだ間に合わないのでとりいそぎ…。)下記の県にお住まいの方は、下記までお問い合わせ下さい。

センター名

担当

地域

電話

FAX

プリズム

北海道

011-252-3838

011-252-3848

青森県映画センター

青森県

017-737-0390

017-737-0391

秋田県映画センター

秋田県

018-862-9978

018-862-9978

山形県映画センター

山形県

023-641-0343

023-641-1476

茨城映画センター

茨城県

029-226-3156

029-226-3130

埼玉映文協

埼玉県

048-822-7428

048-824-3263

独立映画センター

東京都

03-5827-2641

03-5827-2643

静岡教育映画社

静岡県

054-251-4330

054-251-4350

長野映研

長野県

026-232-1226

026-232-8387

新潟映研

新潟県

025-283-9449

025-283-9459

岐阜教育映画センター

岐阜県

058-263-3334

058-266-6627

三重県映画センター

三重県

059-228-1810

059-226-7086

滋賀県映画センター

滋賀県

077-526-8091

077-526-8092

京都映画センター

京都府

075-256-1707

075-255-1905

大阪映画センター

大阪府

06-6719-2233

06-6719-2007

兵庫県映画センター

兵庫県

078-331-6100

078-331-6158

奈良県映画センター

奈良県

0742-23-1147

0742-23-1158

和歌山映画センター

和歌山県

073-433-0444

073-433-3875

岡山県映画普及センター

岡山県

086-228-3655

086-228-3652

広島映画センター

広島県

082-293-1119

082-293-2229

山陰映画センター

島根県

0852-25-5713

0852-24-1916

徳島映画センター

徳島県

088-631-5847

088-631-5848

香川映画センター

香川県

087-835-2077

087-835-0006

えひめ映画センター

愛媛県

0893-53-0603

0893-59-0605

四国文映社

高知県

088-822-7486

088-822-7488

九州シネマアルチ

福岡県

092-712-5297

092-714-4164

長崎県映画センター

長崎県

095-824-2974

095-824-2958

熊本映画センター

熊本県

096-381-1214

096-381-1293

宮崎映画センター

宮崎県

098343-5350

098-343-5650

2010年3月29日 (月)

「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」自主上映日程

日本を代表する知識人・評論家で9条の会の呼びかけ人として活躍された故・加藤周一氏のメッセージを伝えるドキュメンタリー「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」が注目されています。

東京の渋谷・シネマアンジェリカで2月27日からの上映は好評につき、4月17日から再上映が決まりました。各地の自主上映(非劇場上映)も決まりつつあります。

今決まっているのは下記のニケ所です。

5月1日 兵庫県三木市福祉会館                    お問い合わせ 兵庫県映画センター078-331-6100

5月9日北海道 札幌市共済ホール 10:30 と13:30の二回上映 (上映終了後小森陽一9条の会事務局長の解説あり)             お問い合わせ プリズム011-252-3828

映画センター事務局では、この映画の動き出しにあたって、観た方々の感想を集めていますが、本当に人によってさまざまな受け止めをされている映画で…加藤周一さんがいかに多面的で大きな人だったかと感じます。そして、何か動き出したくなる映画です。

事務局の私も、この映画の中の「イギリスでは3人集まれば意見が違う。意見が違うのが当たり前の状態だと思っているのに、日本では全然そうじゃない!」とか「1945年8月15日戦争が終わったとき、抑圧からの解放と感じたかただの敗戦と思ったかで戦後がまるで違ってきた」とかいうお話が印象に残り、いろいろ読みあさっています。

加藤周一さんが2005年反日デモのさかんな中国で行った講演記録を読み、すごい人だったのだとあらためて思っているので、ご紹介します。

「現在右翼保守化の背景にある文化的要因は、『十五年戦争』と同じである。」「ある構造が存在するがゆえ、戦争が存在するからだ。社会文化の構造自体(集団主義文化)に問題があると言うべきだ」「私は今日ここに集団主義を賛美しに来たのではない。集団主義。この日本の良くない文化的特徴を葬るためだ」…(「9条と日中韓」かもがわブックレットより)

この映画こそひとりで観るだけでなく、それぞれの人がそれぞれの受け止めたことを語り合う機会があるといい映画だと思います。

                                                           

2010年3月26日 (金)

自主上映をしてみようかとお考えのあなたへ…PART3

実行委員会の全体像ですが、忙しい人ばかりでできるだけ回数を減らしたい場合、上映会前に最低3回終わってから1回の計4回になります。

何回も集まれればよりていねいに話し合いながら進めていけるわけですが、最短コースをとった場合は、実行委員会の合間に事務局が相談しながら進めていくことになります。ここでは最短コースのイメージをお知らせします。

第一回の発足のときのイメージは前の回にお伝えしましたので第二回から行きます。、

第二回実行委員会では、チラシとチケットをつくるために必要なことをすべて決めましょう。

 ☆日にち 会場  時間 受付開始時間と上映開始時間

   講演がある場合には、時間とお名前

   入場料(前売と当日  一般料金のほか特別なこども・シニア料金などをつくるのか)

   連絡先の電話番号  上映会の名称

   後援とか協力とかもらえたならそちらも。

   *チラシとチケットは手作りする場合もありますし、映画館上映で使ったようなチラシを有料になりますが、買って日時などを印刷する場合もあります。

   *チケットの普及などをお願いするときの協力お願い文もつくれればなおいいです。

 ☆予算案についても、簡単でも出しておきましょう。何枚くらい売ればいいのかという目標にもなります。経費も映写のためにどのくらいかかるのを確認しておきましょう。 

 

そのあと、事務局が中心になって、チラシとチケットをつくり、普及のお願いをしつつ配っていきます。このときは、チケットをそのばで買い取ってもらうのはむずかしいのでたいてい委託して、あとで売れた分だけお金をもらい残りは返してもらうようにします。

途中でチケットを預かってくれている人向けのニュースが出せるとなおいいです。

また、地域のあちこちにチラシをおかせてもらったり、ミニコミ誌などで紹介してもらえるとよいです。(大きな新聞とかももちろん可能なら…。

第三回当日準備

  当日のスケジュールと役割・配布物・販売物を決めます。

役割は、総責任者・司会・あいさつ・進行・設営関係・受付・販売物があるときは販売担当などです。

  会場に展示するものや、ロビーで流す音楽、カンパを集めたりも話し合ってきめましょう。できればアンケート用紙をいれてかえりに箱を用意して集められるとよいです。

   

第四回上映会後一ヶ月以内に最後の実行委員会をやりましょう。

それまでにチケットを預かってもらっていた人から回収し、会計報告をします。

赤字のときも黒字のときもどうするのかは実行委員会で話し合って決めましょう。

アンケートの結果もまとめて出すとともに実行委員の感想も出し合って、今後に生きるような会にできるとよいです。「ご苦労さんでした」の意味で打ち上げにいくのもいいですね。

«自主上映をしてみようかとお考えのあなたへ PART2

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ