« 「ブタがいた教室」知っていますか? | トップページ | お待たせしました。「新・あつい壁」の上映会が12月10日新宿であります。 »

2009年10月23日 (金)

1990年大阪の小学校で新任教師がはじめた実践教育「ブタを飼って育てたあと自分たちで食べる」という授業があったそうです。卒業を前にブタのPちゃんの処遇をめぐって大論争を展開され、その後ドキュメンタリーにもなったこの話を前田哲監督が2008年劇映画にしました。現代の子どもの感覚をとりたいと子ども達の脚本にはセリフがなく、すべて本物の気持ちを自分の言葉で語るところをカメラは撮っています。

いのちの大切さを問い、民主主義の原点ともいえる白熱した議論を描いた映画は、現在全国各地で自主上映展開中です。妻夫木聡が演じる新任先生が、存在感いっぱいです。

« 「ブタがいた教室」知っていますか? | トップページ | お待たせしました。「新・あつい壁」の上映会が12月10日新宿であります。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018278/31909732

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 「ブタがいた教室」知っていますか? | トップページ | お待たせしました。「新・あつい壁」の上映会が12月10日新宿であります。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ