« 自主上映をしてみようかとお考えのあなたへ…PART3 | トップページ | 映画センターの連絡先 »

2010年3月29日 (月)

「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」自主上映日程

日本を代表する知識人・評論家で9条の会の呼びかけ人として活躍された故・加藤周一氏のメッセージを伝えるドキュメンタリー「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」が注目されています。

東京の渋谷・シネマアンジェリカで2月27日からの上映は好評につき、4月17日から再上映が決まりました。各地の自主上映(非劇場上映)も決まりつつあります。

今決まっているのは下記のニケ所です。

5月1日 兵庫県三木市福祉会館                    お問い合わせ 兵庫県映画センター078-331-6100

5月9日北海道 札幌市共済ホール 10:30 と13:30の二回上映 (上映終了後小森陽一9条の会事務局長の解説あり)             お問い合わせ プリズム011-252-3828

映画センター事務局では、この映画の動き出しにあたって、観た方々の感想を集めていますが、本当に人によってさまざまな受け止めをされている映画で…加藤周一さんがいかに多面的で大きな人だったかと感じます。そして、何か動き出したくなる映画です。

事務局の私も、この映画の中の「イギリスでは3人集まれば意見が違う。意見が違うのが当たり前の状態だと思っているのに、日本では全然そうじゃない!」とか「1945年8月15日戦争が終わったとき、抑圧からの解放と感じたかただの敗戦と思ったかで戦後がまるで違ってきた」とかいうお話が印象に残り、いろいろ読みあさっています。

加藤周一さんが2005年反日デモのさかんな中国で行った講演記録を読み、すごい人だったのだとあらためて思っているので、ご紹介します。

「現在右翼保守化の背景にある文化的要因は、『十五年戦争』と同じである。」「ある構造が存在するがゆえ、戦争が存在するからだ。社会文化の構造自体(集団主義文化)に問題があると言うべきだ」「私は今日ここに集団主義を賛美しに来たのではない。集団主義。この日本の良くない文化的特徴を葬るためだ」…(「9条と日中韓」かもがわブックレットより)

この映画こそひとりで観るだけでなく、それぞれの人がそれぞれの受け止めたことを語り合う機会があるといい映画だと思います。

                                                           

« 自主上映をしてみようかとお考えのあなたへ…PART3 | トップページ | 映画センターの連絡先 »

コメント

かおるさん
コメントありがとうございました。私も他のブログに投稿したことがありますが、本当にわかりにくいですよね。これにこりずにどんどんまた投稿してくださいねhappy01

5月9日北海道 札幌市共済ホールで開催する自主上映会(10:30 と13:30の二回上映・上映終了後小森陽一9条の会事務局長の解説あり)について、以下のHPに申込バナーがあります。
申込フォームの中で、その他の情報も紹介していますので、ご覧下さい。

     http://theaterkino.net/

お詫びします。
ブログの仕組みがよく分からなかったために、同じようなメールを何度も送信してしまったようです。
後で気づいて冷や汗をかいています。
大変ご迷惑をおかけしました。
すみません。
決して、ストーカー的に送信したわけではありません。失礼をお許し下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018278/33984730

この記事へのトラックバック一覧です: 「しかしそれだけではない。加藤周一幽霊と語る」自主上映日程:

« 自主上映をしてみようかとお考えのあなたへ…PART3 | トップページ | 映画センターの連絡先 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ