映画センターの仕事

2008年3月26日 (水)

映画センターとは

映画センターとは・・・

映画といえば「映画館」、あるいは「レンタルDVD」、時間が経てば「テレビ放映」

という発想が一般的です。

しかし、皆さんの街でも、学校や公民館、地域のホールなど、
「映画館以外のスクリーンで映画を観る」機会がありませんでしたか?

そういう上映会を仕掛けているのが、各地で活動する「映画センター」なのです。

地方の映画館で観ることが難しい、すぐれた映画を自分たちの手で上映していこうと、

全国各地で30以上の映画センターの仲間たちが活動しています。
その歴史は、なんと35年。

学校や行政、地域の映画サークルと連動し、ときには

一般市民の皆さん・地域のお母さんたちと協力して、熱気のある上映会を開催しています。

このブログは、各地の映画センターの拠点として、映画の配給を行っている

「映画センター全国連絡会議」の事務局スタッフが運営しています。

公式HP
http://movie.geocities.jp/zenkokueiga/link01.html

現在は、「新・あつい壁」のほか、「シッコ」「夕凪の街 桜の国」「ベルナのしっぽ」「赤い鯨と白い蛇」などを扱っています。

「自分たちでこの映画を上映してみたい!」
そう思われたら、ぜひご連絡ください。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ